まずはITを正しく理解することが必要です。