消費税の10%施行まで、もう時間がありません。

最高のリスクマネジメントとは、その時なんとかできることじゃありません。

その時リスクという落とし穴にはまらないように今を考えることです。

消費税の10%は、いつの間にかあの与党に丸め込まれて、個人的にはなんとかなるか〜
すこし痛みを感じるか〜

という感じで受け入れる人が多いのだと思います。
1000円のものが1100円に。その程度ならなんとか・・・

でも、それは個人ですが、その個人は中小から大企業までに属しています。企業にとっての消費税は個人のように簡単なものではないんです。
 
涙ぐましい企業努力をつづけて、価格に転嫁しないようにして来ています。そこに10%が来ます。
年に一度、売り上げたものからまとめて消費税を国に収めるのですから。
 
消費税分を回収できていない企業は、この消費税を国に収められなければ・・・そう倒産なんです。

つまり消費税倒産がかつて無いほど起こると言われています。

さあ、個人に話を戻すと、消費税10%は買い控えて耐えられるとしても、そのために中小などの弱い企業が倒産を始めたら・・・
消費税には耐えられても、会社の倒産や大リストラ時代になってリストラには耐えられないのが個人なんですよね。

今まさにこれがリスクとして起きるかもしれないわけです。
(起きなければそれに越したことはないのですけれど。。。^^;)

この大リストラ時代時代に抗うには、大副業時代を作っていくしか無いんです。

このブログはそのようなネットビジネスを目指す方を支援している983mが書いています。