983mのUdemy動画講座オフィシャルブログ

983mの未来工房が出しているUdemyなどの動画講座の広報サイトです。

2016年01月

20150224195423

フェイスブックからの転載です。
 
先入観を持たずに、読んでみてください。タダですから。^^;
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
消費税10%時代を目の前にして、副業があたりまえの世の中になろうとしています。
 
副業で人気の高いものは、時間的に制限が少なくて、ちょっとした時間でできそうな、ネットビジネス、とくにアフィリエイトに
人気が集中していますね。
 
しかしながら、アフィリエイトで月に5000円も稼げずに断念してしまう人も多いのも事実。
 
このことにフォーカスしすぎて、アフィリエイトなんて稼げないからやめたほうが良いとマイナス思考を発散する人もたくさんいます。

ここで、まず最初の稼げないフィルターがあなたに降ってきます。このフィルターにかかってしまうと、たしかに稼げないんです。
 
つまり、稼げない人の言い分に振り回されて自分の確固たる決意の無い人はおそらく稼げないんです。稼げない人の言い分を聞いていると、アフィリエイトに手を出す等はなにかとんでもなく大きなリスクのように思えてくるからですね。

さあ、稼げない病におちいる前に、あなたは、貴方自身の考えで行動する癖を身につけるほうが大事なのです。

実は、アフィリエイトを始める人の多くが稼げないのも事実なんですが、貴方が思うよりもずっと稼いでいる人も多くいることも事実なんです。そのようなプラス思考で見ると、多くのことが見えてきます。
 
2016年現在、世の中に社長と呼ばれる人はどのくらいいるかご存知でしょうか? なんでも、十人に一人は社長業なんだそうですよ。つまり成功しているなら稼いでいる人は実際にはたくさんいるわけです。(個人事業主を含みますね)
 
アフィリエイトのことをすこし学習し始めると、なんとなく情報が入ってきますが、多くの人がどのくらい稼ぐを目標にするかご存知でしょうか?
 
そう、月100万を目標にする人が多いんです。
 
そして、どのくらいの時間で結果を出したいと感じているか
 
多いのが、一ヶ月で結果を出したい人が圧倒的に多いのがアフィリエイトの世界です。
 
最初に結論をいうと、これはありえない望みで、無理です。
解りやすく無理度合いを説明すると・・・
 
あなたは登山。。近くの山にも登ったこともないのに、30日でエベレスト登山に挑戦することを想像してみてください。
 
さあ、ありえますか? 
ありえないどころか、やれば、命の危険さえありますよね。
 
どうです、大半の人が諦めてしまっても不思議ないですよね。
 
よく、どこぞの塾で、月100万稼ぐのを目標になんていうのは土台無理なことなので、出来ずに挫折するわけです。
 
そもそも、月100万などサラリーマンの給与ではないので、ほとんどの人は、どのくらいの頑張りでどのくらいの時間をかければ達成できるのかさえ感じることが無い世界ですよね。
 
つまり、月100&一ヶ月、などという目標で失敗するわけです。
 
あなたは、本当はどのくらい副業で稼げれば嬉しいですか?
 
ほら、そうするとなんだかいろいろ見えてきますよね。
この質問をすると、多くの人がこう答えます。
 
1万円から3万円、三ヶ月で達成できれば嬉しいかも。と。
さあ、エベレストから、だれでも登れる高尾山に目的地が変更になりました。
 
高尾山なら、どう登れば良いのか想像も十分できますよね。
さあ、あなたの成功の確率は、この時点で90%を超えることができました。

つまり、目標のたてかたと、必要な時間の見積もりができるだけで成功もできやすくなるんですね。

 
おまけ: この成功経験から月100を成功できる確率も実は9割を超えるそうです。
それは、成功する経験があるからなのです。
 
千里の道も一歩から。最初にエベレストを登るな高尾山にしておけというお話でした。

983mメンバーズ倶楽部

merit1_img_17

いままでの考え方では、検索エンジンから自分の記事の中の
どれかのキーワードに反応してアクセスが来るのを待つという考え方でした。
 
しかしそれでは、貴方の記事が検索エンジンが認識するまでは、最低でも
アクセスは来ないということになるのです。
この期間は運まかせですが、平均的に1ヶ月から3ヶ月ということになります。

そして、そのあとに、運よく貴方が使っているキーワードを含む検索を誰かが
するのを待つのです。

え〜、そんな商売儲かるの と思います?

いままでは、それが主流だったのです。

検索結果の1位に自分のサイトが表示されるようにSEOという当てのない努力を
延々として初めてアフィリエイトが成り立ったのです。

しかし、安心してください。今の時代は随分景色が変わりました。

貴方をフォローしたり、貴方がネット上でお友達になった方々に一気に貴方の記事の
存在を伝えることが可能な時代なんです。

そう、待つから、送る時代に変わったのです。PullからPushです。
 
何それ? 

ですよね。

世の中すっかり、ソーシャルネットワークの時代になっています。

しかも、常に電源を入れて持ち歩くスマートフォンの時代です。

このスマートフォンでフェイスブックやTsuやツイッター、インスタグラム、Note,Google+などの
ソーシャルネットを使うのはもはや常識なのですね。

いろいろと話題に登るLINEもソーシャルネットです。
いわゆるSNSというものです。

今の時代、最低でもこのSNSに対して情報発信しなければビジネスになりません。

まず貴方は、情報を発信すると、その通知を受ける人、それは
あなたのフォロワーさん、そしてお友達を増やさねばならないのです。
 
まずは最も人気=世界的人気 の高いフェイスブックでお友達を増やすべきでしょう。

フェイスブックでお友達を増やすにはそれなりのノウハウがありますよ。
 ↓
【動画】で学ぶ、フェイスブックのお友達を確実に5000人まで増やす詳細手順

983m


上図のように、”983m”というビッグキーワードでいつの間にか2位に来たフェイスブックページ
特に、頻繁に記事をながしているというわけではないのですが、フェイスブックのドメイン力が高いせいか、ビックキーワードにもかかわらず2位まで浮上しました。
 
噂どおりSEOに強いフェイスブックページですね。

消費税の10%施行まで、もう時間がありません。

最高のリスクマネジメントとは、その時なんとかできることじゃありません。

その時リスクという落とし穴にはまらないように今を考えることです。

消費税の10%は、いつの間にかあの与党に丸め込まれて、個人的にはなんとかなるか〜
すこし痛みを感じるか〜

という感じで受け入れる人が多いのだと思います。
1000円のものが1100円に。その程度ならなんとか・・・

でも、それは個人ですが、その個人は中小から大企業までに属しています。企業にとっての消費税は個人のように簡単なものではないんです。
 
涙ぐましい企業努力をつづけて、価格に転嫁しないようにして来ています。そこに10%が来ます。
年に一度、売り上げたものからまとめて消費税を国に収めるのですから。
 
消費税分を回収できていない企業は、この消費税を国に収められなければ・・・そう倒産なんです。

つまり消費税倒産がかつて無いほど起こると言われています。

さあ、個人に話を戻すと、消費税10%は買い控えて耐えられるとしても、そのために中小などの弱い企業が倒産を始めたら・・・
消費税には耐えられても、会社の倒産や大リストラ時代になってリストラには耐えられないのが個人なんですよね。

今まさにこれがリスクとして起きるかもしれないわけです。
(起きなければそれに越したことはないのですけれど。。。^^;)

この大リストラ時代時代に抗うには、大副業時代を作っていくしか無いんです。

このブログはそのようなネットビジネスを目指す方を支援している983mが書いています。

kiji


消費税の率のアップ10%まで、もうあまり時間がないですね。

2016年に入って早々、中国株の大暴落、あの国の水爆実験、韓国との話し合いに進展がみられ、例の問題に大きな進展が見られました。
韓国にとっても、もう日本と手打ちしなければ、国の存続に関わる危険な状況になっていた為と揶揄されていますしね。
まあ、当たらずとも遠からじでしょう。

で、日本もそうそういい状態ではありませんね。解決しなければならない問題は山積みです。
こんな時に、有事が日本あるいは米国におきたら、ニッチもさっちも行かないという訳です。

そう言う事が無くても、今の与党政治がほぼ寡占状態なことから、どうしても大企業優先の方向にむいており、消費税が10%になり、法人税の引き下げが行われたら・・・
大量の中小が、消費税倒産するのではないかと言われています。
ある日突然自分の会社が倒産したら・・・

その予防措置に、まずは、人件費の削減に動くのが会社です。
つまり、大リストラ時代が来る可能性が高いわけです。

国中でそんな状況になったら、セーフティネットもへったくれもありません。

未来はわかりませんが、そういう事態になったらどうするかを個人は考えておいたほうが良さそうです。

つまり収入の個人力をつけておくことが必要になるでしょうね。
今や、多くの中小企業で副業が認められ始めています。
来る大リストラ時代への対応でしょうね。

さあ、貴方は明日会社がどうなっても大丈夫ですか。

983mメンバーズ倶楽部

↑このページのトップヘ